ポルシェ カイエンターボ(958)のコーナリングランプのLED化について。

税別加工料金 ¥24,000 
※取付工賃は別途かかります。

メールでのお問い合わせ

ポルシェ カイエンターボ(958)に標準装備される「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム」

バイキセノンヘッドライト内に組み込まれる専用のシステムで、操舵角・走行速度に基づき、タイトなコーナーや交差点を曲がる際に、ロービーム横の補助ライト(コーナリングランプ)を点灯させ、路面をより明るく照射するシステムです。



通常点灯時。



ステアリング操作で操舵角が変わるとこのように、コーナリングランプが点灯します。


バイキセノンヘッドライトの青白い光色において、コーナリングランプはいわゆる、ハロゲンランプと同じような黄色い光となっています。

この状態だとファッション性に欠けてしまうので、HIDやLEDバルブへの交換が必要になってきます。

しかし、単にHID化をすると光量調整機能がついている為、正常な点灯をしなくなります。

また、HID化、LED化共に、警告灯が点灯し、結果、電気を遮断されてしまい、ライトの点灯をしなくなります。

以上のように、単にバルブ交換をしてしまうと、問題が発生してしまいます。

SKIPPERでは、独自に解析を行い、今回はLEDバルブでの点灯を実現させる為、キャンセラーを製作、内蔵させ、コーナリングランプの純正機能を損なうこともなく、警告灯表示もないままの装着が可能となりました!!


このような感じで、純正の優れた機能を損なうこともなく、ファッション性に富んだフロントフェイスを実現出来ます。

カイエンは勿論の事ですが、他車種で同じような悩みをお持ちでしたら、現車確認をさせていただく必要はございますが、対応出来る可能性がございます。

お問い合わせ下さい。

 
関連情報リンク