SKIPPERでは、いち早くレクサスLS前期を後期仕様へアップグレードするべく、作業へ着手致しました。
部品の手配から取付まで一貫してSKIPPERにお任せいただければ、LS前期を後期仕様へ変貌させる事が可能です。
詳しくはお問い合わせ下さい。
今回行った移植は、LS460前期をベースに、LS460後期Fスポーツ仕様に仕上げています。

 

前期から後期へ。
極めて変更点が多い、フロントセクションの移植。
今回のマイナーチェンジに伴って大きく変更された、ボンネットフード、フロントバンパー、ヘッドライト、ラジエータグリル、フロントフェンダー等、これらパーツが後期仕様において重要なポイントとなっています。
いづれのパーツも所謂、"ボルトオン装着"は不可能で、現車に合わせて加工を施し取付を行います。

 

今回のマイナーチェンジで大きく変わったフロントフェイス。
その中において、最も先進性かつ存在感のあるヘッドライトの移植は容易ではございません。
SKIPPERでは、点灯させる事は勿論、スモールライトのデイライト点灯、AFS警告灯表示のキャンセルも可能です。

 

リアセクションも、今回のマイナーチェンジで大きく変わった部分です。
トランク、テールライト、リアバンパー等、フロントフェイス程ではございませんが、明らかにこれまでのLSとは違うフォルムとなります。

 

サイドセクションは、フロント、リアに比べると大きな変更はございません。
しかし、サイドステップや、フロントフェンダー、ドアミラー等は後期専用モデルへと変更されており、完成度の高い後期仕様には外せないパーツです。